変化を知る

アパート経営が珍しくなくなってきました

アパート経営をする人が増えてきました。中には大きな成功をし、月の家賃が100万円を超える人もいます。これらの人はもともと資産家であったわけではありません。サラリーマンだったり、パートのおばさんだったりした人もいます。書店にいけば、アパート経営で成功した大家の書籍が多く並んでいます。資産家でなくてもアパート経営をすることができるということが広く認知されてきており、これからはサラリーマンをしながらアパートを経営するという人も当たり前のようにいる時代となってきます。但し、アパートを買えば、安定した収益を上げられるというわけではありません。そこには、高い収益を上げるためのオーナー自身の努力も必要となってくるのです。

購入価格にはこだわりましょう

まず気を付けるべき点は購入価格です。購入価格は運用利回りを計算する際の分母となりますから、小さければ小さいほど、運用利回りが高くなります。売買交渉は妥協しないようにしましょう。自分の希望する価格で買うことができなくても、焦る必要はありません。粘り強く探していれば必ず自分が買いたいアパートを手に入れることができます。ねらい目は古くなったアパートです。古くなったアパートはいずれ修繕が必要となるため、価格交渉がしやすいです。アパートを手に入れることができたら、次にリフォームをしっかりと行いましょう。ここがアパート経営成功のためのキーポイントとなります。外観が古くても内装がきちんとされていれば、入居希望者が現れる可能性が高くなります。