注意すること

賃貸経営で資産を築く際の注意点

賃貸経営を行うことによって資産を拡大するというアプローチが広まってきています。特にマンション等を保有することによって、老後の住居にもできることから現在と将来の両方のための投資として注目される傾向にあります。 しかし、実際に賃貸経営を行う場合には、経営者となるという面に注しなければなりません。本業を持っている場合には、それに加えて不動産経営に労力を割かなければならなくなります。管理にかかる仕事の量は以外に多く、周辺の清掃、入居や退居の際の立ち会い、空室対策等、全てを行おうとするとそれだけで本業と同じような時間を費やさなければならなくなってしまうことも珍しくはないのです。 そのため、サブリース等を行って管理負担を軽減することが大切になります。

サブリースで管理負担がほとんどなくなる

管理負担を軽減するための方法として、管理業務を委託するというのが一般的な方法です。清掃や家賃の徴収等の一部又は全てを委託してしまうことによって日常的に必要となる仕事を大きく軽減することが可能です。 一方、管理負担をほぼなくしてしまう方法として不動産会社や管理会社とサブリース契約を結ぶという方法があります。これは管理業務を含めてその物件の借り上げてもらい、又貸しをすることを依頼するものです。その物件そのものを借りる賃料としてその会社から毎月収入を得ることができます。サブリースを行うことによって管理業務も空室対策も不要になり、実質的には経営の負担が何もかからずに賃貸経営をすることができるようになります。副業で行うにはサブリースはとても有用な選択肢なのです。